FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年11月19日 (火) | 編集 |
保護されて幸せを掴みとっていった仔
・・・そうなれなかった仔
そうなれなかった仔の話

誰にも知られずひっそりと息を引き取る仔は哀れです
ようやく保護されたのに生きることが出来なかった仔は
悲しいけれど沢山いる そんなお外の仔たち
保護から里親さんのところへ行くまでには
沢山の人たちに支えられて
一度は幸せを掴んだ けれど生きられなかった
哀しいけれど最後まで見ていてあげられた仔は不幸ではなかったと思います

お外で生きてきた仔の過去はわかりません
ただ 決して楽な生き方ではなかった事は容易に想像できます
やっと幸せを掴んだ
そんな仔が保護主さんや里親さんと暮らしたわずかな時間は
その仔の短い生涯の中で満ち足りて幸せに輝いていたことでしょう
でも時に神様は残酷です
やっと掴んだ幸せなのに・・・ 
何で取り上げてしまうの?
何か悪いことをしたの?

ある日その仔の異変に気付いたのです
獣医さんに通い その仔の病気が判明しました
それからの毎日
何とか元気になってと祈るように昼夜を厭わず介護し
それでも日に日に弱っていく小さな体を前に何もしてやれない。
小さな体で 生きたい!と叫んでいるように思えて
ただただ涙が溢れます
そして過去の自分と重なります

とにかく何でも食べるものをと 色んなものを買いに走ったり
少しでも良くなることを願って 自分に出来る限りのことをした

私は去年6月に親子3匹の猫を保護しました
そのうち1匹の仔猫の成長が明らかに悪く 同腹の仔の1/3程しかありませんでした
しかも目と鼻が涙と鼻水で開いておらず 食もなくいつもうずくまっている状態でした
そしていつも痩せた母猫のお乳に吸い付いていました
私は何とか元気になって欲しくて朝出かける前に強制給餌し
仕事の昼休みに家に戻り強制給餌
そして夜強制給仕し 日々が過ぎていきました
何件かの獣医さんにもかかりました
私はその時何も見えていなかったのです 
里親さんに貰って頂くために目と鼻を直さなくちゃ!その思いが強かったから

近くの獣医さんに相談したところ 2回の注射で直るよと言われました
一回目の注射の後劇的に元気になり 強制給餌していたのが嘘のように
自らばくばく食べるようになり安堵しました
そして二回目の注射の後・・・・
全く食べないどころか 強制給餌すると嘔吐するようになりました
嘔吐する体力の消耗を考えると
もう給餌することが出来なくなりました
それでも諦めきれない私は
2時間ほどかけてN市の猫専門病院へはしりました
しかし・・・
私がその仔の命をなくしたんです

私は今でもああすればよかった こうすればよかったと思います
過去に亡くなった自分の家の仔を強制給餌していた時も
後になってからも自問自答です
私は亡くなった仔たちに今でも ごめんね と思い続けています
慰めの言葉をかけて貰って
のたれ死にするより一時でも幸せな時間を過ごせてよかったよ
と言ってもらって そうだねと思うけれど
やっぱりごめんね と思います

もしも もしもどうしようもない哀しい出来事があって
心に大きな悲しみと後悔を持っていて 消せないでいる人がいても
どうか どうか自分を責めないで下さい
そんな辛い気持ちにさせてしまってほんとうにごめんなさい
束の間でも幸せだったその仔はきっとそう思っています

優しすぎると 一生懸命になりすぎると立ち直るのに時間がかかります
生き物はいつかは死ぬものだと、介護はここまでという線引きができたら
どんなにか楽でしょう
それが出来ない時はありますよね

今は無理でも
いつか時間が経って その仔のことを話すことが出来る日が来ることを
私は願います 私がそうであったように
私など比べものにならないような辛いことがあっても
悲しいときは早く立ち直ろうと頑張りすぎないで
いつか きっとそんな日はきます
その時 小さな命がきっと癒してくれます
その時 まっすぐな目をした仔をまた迎えてほしい
そう思います

GHCR 会員 O



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト