FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2015年08月09日 (日) | 編集 |
二ヶ月程前、ある若い女性から緊急のメールが入りました。
片目が殆んど見えていない小さな仔猫を保護するまでの
可哀想な状況が綿々と綴られていました。

直接話を聞くと妊娠中で飼育は出来ない。
通りかかり、可哀想だったから保護しただけで
更に、病院にまでかけて治療もした。
それ以上責任をと言われれば保健所に持ち込むより仕方がない。
お金は一切出せません。
といったような内容です。

私達は既にたくさんの猫を抱え、心身共に疲労困憊し
身動きできない状況ですので引き取りは到底承服できません。
金銭的にも大きな赤字を抱えている中、当然医療費もかかってきます。
こんな相談が持ち込まれる度
保護された方の責任は?

可哀想と思うこと、保護することは子供でもできます。
では、大人としての対応は?

皆さんの藁をもつかむ思いは分かりますが
ご自分は楽になりたいばかり、手元から離れた後
託された人がどんなに大変な思いで飼育していかなければならないか
など想いを馳せれない方の何と多いこと。

何とかして欲しい依頼は年間数百件
中には精一杯自助努力され解決に至った例も多々あります。
命に猶予はなく関わったら強い意思を持って覚悟をしていただきたいですね。


私達は保護活動を生業としているわけではありません。
できる限りの命を救いたい
その善意の想いだけでたくさんの大切なことも犠牲にして動いています。
命あるものを目の前にしたら見て見ぬ振りはできないでしょう!
もちろん一番問われるべきは無責任な飼い主です!

結局、猫ちゃんを我が家に迎えて二ヶ月
あい(eye)ちゃんと名付けました。
当初からとても人懐こく多分飼い猫だったんでしょうね。

風邪の治療をしながら一日に何回も点眼薬を投与し
完治することを期待していましたが、どんどん悪化するばかり。
あいちゃんにとっての最善策は、眼球の摘出手術しかありませんでした。
あいちゃん 150628_010717

施術を終え、腫れ上がった左目がスッキリしたことで
あいちゃんは不自由さを感じさせないほどお転婆さん振りを発揮しています。
あいちゃん 150721_001635

あいちゃん 150727_051550

でも、昨日仲良しだった南ちゃんが新しい里親さんの元へ旅立ち少し元気がありません。

ハンディを背負いながらも健気に生きるあいちゃんを
ご理解していただける寛容なお優しい里親さんに巡り会える日をお待ちしております。

あいちゃん 150727_051834

 GHCR代表I


里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村/a>
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト