岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年02月18日 (月) | 編集 |
歳をとって 
よぼよぼになって 動物だって痴呆のようになり
夜中に突然大きな声で鳴き出したり
あんなに可愛かったのに 毛並みもぱさぱさ 目やにがあったり
動きもゆっくり 寝てばかり

img068.jpg


病気になれば 可哀想で見ていられない
だから動物病院で最後を迎えさせる
可哀想なのは誰?
苦しんでいる可哀想な姿を見ている 可哀想な自分?
勿論 治療してもらうために動物病院へ連れて行き
治ってほしい 少しでも苦しみを取り除いてやりたい
いろいろな想いがあっての決断


でも願わくは 
最後の時 せめてその命が消える時は
出来れば一緒にいてほしいと思います
最後の時 知らない人に囲まれて 冷たいゲージの中で独りぼっちは
哀しすぎる
もしも私が老猫で 命が尽きるとき大好きな貴方がいないと
寂しい 哀しい

P1000092.jpg


そりゃあ誰だって 家族の一員としてずっと一緒に暮らしてきた子が
苦しんでいる姿など 見たくない
何もしてやれない ただ見守っているだけ 見ているのが辛い
大事な家族が 苦しんで死んでいくのを見たくなどはない
でもそれは自分の 都合のいい勝手な考え
もしかしたら その子はもう私のことなどわからないのかもしれない
でも最期を看取ってやるのが 飼い主の責任 最期に私の出来ること
私は心からそう思います

知り合いが 見てるのが可哀想だから病院にお任せした
そう聞いたとき 私は可哀想なその子が 哀れで哀しかった

GHCR 会員 O



里親さん希望の方のご連絡先
 メール 
gifuhappycatsrights@gmail.com
 までご連絡ください。

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 
ホームページに戻る

http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ぜひポチっと応援ボタンを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
その子の、にゃん生、犬生を最後まで見届ける覚悟を持って飼う。当たり前のことなんですよね。
どんな姿になろうとも、大切な家族ですもの。今一度、心に刻みます。
2013/02/18(Mon) 19:43 | URL  | 佐合 #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます
私が今、職場でお世話をしている猫が12歳くらいになります。
歳をとったな・・と感じます。あとどれくらい一緒にいられるのかと考えると毎日を大事にしようと思います。
最期まで見届けるという責任をちゃんと考えておられる方であれば、きっと一緒にいる、にゃんもわんも幸せでしょうね。
2013/02/19(Tue) 04:54 | URL  | 会員 O #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック