岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2017年08月22日 (火) | 編集 |
八月に入り類似した相談が
同時に三件入りました

一件目の案件は
大垣市内の82歳の独居老人が
飼い猫を繁殖させ
その子達を残して急病で入院された為
飼い主不在のこのままの状況で
放置したら収拾がつかなくなることを恐れての相談です

飼い主は再起不能で
自宅も売却されるとのこと

早速、会員と飼い主の隣人である
相談者さんのお宅へ伺いました

所有権問題が生じた時の対処も考え
予めお願いしていた自治会長
民生委員さんに同席していただき協議しました

まず、家族の同意を得るため
息子さんに連絡をとっていただき
電話で対応しました

飼い主責任を問うと
「近所の人が餌をやっているようだが
ほっといてくれれば何処かへ行ったのに!」
と、的はずれの返答が

お腹を空かせた子達を
見かねて給餌してくださっている善意を
まるで余計なことをして!
と言わんばかりの剣幕で
そして二言目には
保健所、々と連発します

「保健所は引き取りには来ませんよ」
「じゃー、もー、ほかっといてくれ!」

3匹の成猫の避妊手術
4匹の仔猫のワクチン

もん 335

20170821130011.jpg



他の、医療費は一切支払うつもりはない
との強い意思表示

相談者さんも飼い主の老人に
「避妊手術をしなければ殖えるよ」
と何度も忠告をする度

親子 0716_115650

「どうせみんな育たへんからやらんでもいいって」
との返事の結果がこの有り様

親が親なら子も子で
意識レベルは親から子へと
確実に繋るんですね!

寂しいからと自己満足のためだけに飼う
こんな無責任な飼い主の為に
沢山の人が関わり
労力、時間、金銭、精神的にも
本当に大変な負担を強いられます

意識改革をいくら唱えても
糠に釘の人達には響きません

何度も繰り返されるこんな闘いが
一体いつまで続くのかと暗澹たる思いです

それでも命は救わなければ!

四匹の仔猫の内
4ヶ月の男の子の歩く様子に
異変を感じて受診した結果
足の大腿骨骨折が判明し
緊急手術をしていただきました

チャトラ 

二ヶ月間の経過観察後
結果次第でまた手術です
無事に完治することを祈るばかりです

チャトラ 803

結局、二匹の成猫は手術後元に戻し
引き続き地域の方に
お世話をしていただくことで
合意を得られました

IMG_3219.jpg

四匹の仔猫と一匹の成猫は
必要な医療を施しながら
会員がお世話をしています

幸い、比較的人に馴れていた成猫一匹
仔猫一匹はご縁をいただきました

 377

里親さんの温かい温もりの中で
きっと今まで味わったことのない
穏やかで幸せな日々を
目一杯感じていることでしょう

残る三匹の仔猫も

新しいご家族の仲間に入れていただける日が
一日も早く来ます様にと念じております

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック