FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2017年11月01日 (水) | 編集 |
ミッキーの里親さんは
昨年17歳で天寿を全うした
猫ちゃんの飼い主さんです

ミッキー [1]

ご家族で迎えていただき
ご経験豊かな方々ですので
安心して託すことができました

ミッキーはアパートに住む60代
一人暮らしの男性が
飼い猫の避妊手術を怠った為に出産した
五匹の仔猫の内の
一匹の女の子です

男性から里親さん探しの依頼を受けてはいましたが
その後、催促してもなかなか仔猫の写真が届かず

「情がわいてきて手離せなくなっている」との返事

将来に備えてのしっかりした受け皿もなく
「猫の幸せを第一に考えて」と直接
耳の痛いことも多々話しましたが
一向に前に進みません

既に仔猫の発情も始まり
気持ちばかりが焦ります

しかし、最後の切り札大家さんの
「2匹以上飼ってもらっては困る」の一声で
男性は親猫と仔猫1匹を飼い猫として
残る4匹の仔猫は手離す決心をされ
今回の運びとなりました

親子とも不妊手術を終えた後
4匹共にそれぞれのご家族の元で
新生活をスタートすることができました

ミュー[1]

マルコ[1]

IMG_4215.jpg

この喜ばしい
幸せな結果に導くことが出来たのも
大家さんの
「私が責任もって里親さんが見つかるまで仔猫四匹は預かります」
と力強いお言葉と
ご協力があったからこそと感謝しております

もし、今回この男性に
強力な助言する人がいなかったら
あっという間に
多頭飼育崩壊に陥っていたと
容易に想像できます

仔猫5匹中4匹が女の子でしたから

つい最近も一人暮らしの男性が
室内飼いの猫から2~3年の間に
100匹以上に繁殖させてしまった事例があったばかりです

二人の男性が避妊手術を怠っていなければ
他で助けを求めているたくさんの猫を救うことができたはずです

不注意で産ませてしまった
殆どの方はそこまで想いを馳せることはありません

どんなことにでもいえることですが
需用(里親さん)と供給(保護主さん)
のバランスがとれていなければ事は成就しません

猫問題の解決には私たちを含め
命を預かることに真剣に向き合っていくことしかありません

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ひとりで生きていくことが淋しい人が、動物に癒しを求めることは、あって当然のことですが、自分がいなくなったときや、経済的に自分が賄える範囲考えずに飼うことは、自己満足以外のなにものでもありませんね。
厳しいいい方になってしまうのも仕方がないことだと思います。
今回は大家さんが協力的な方で本当に良かったです。
岐阜ねこさんの活動では、多頭崩壊の猫達を救いだすこともしばしばで、そこにはただ保護をすることだけではなく、今後同じようなことを繰り返さないように多頭崩壊させてしまった人を根気よく説得したりと、活動をする上で嫌な思いもたくさんされていると思います。こういったブログを見て「自分は大丈夫だろうか」「動物を飼う資格はあるだろうか」と改めて見直し、至らないところがあれば解決するきっかけになればいいなと思います。

保護活動、応援しています。
もちろん、私も私なりに続けていきます。
2017/11/03(Fri) 09:12 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
私もミッちゃんを飼う事をキッカケに保護猫について関心が強くなり色々と考えるようになりました。
ミッちゃんの行く動物病院でも今春から保護猫活動を応援していて、
先日もミッちゃんの避妊手術に行った際、エントランスに成猫5匹、赤ちゃん猫9匹がいました。
赤ちゃん猫を見てるだけで目に涙がたまり切なくなりました。
片目が風邪で腫れて開かない仔が気になりましたが我が家には犬1、インコ1、ベタ3、猫2 で。
猫のマリちゃんを引き取る時に私の年齢、経済力、最期までの十分なお世話の手間をかけてあげる事ができるかを熟考して生き物はマリちゃんで最後と家族で決めたので病院で里親を待つ猫ちゃん達の幸せを願うばかりでした。
世の中にはもっと沢山の保護猫達がいるという現実に多くの人が去勢避妊の大切さ、ペットは幸せを考え最後まで責任をもって飼う事に関心を持ってもらいたいと思う様になりました。
2017/11/03(Fri) 14:25 | URL  | ローズリリー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック