岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2018年02月08日 (木) | 編集 |
昨年暮れ
隣市の方から下記の様な相談がありました

一人暮らしのお婆さんが
二年前に亡くなって
一匹の成猫が残され

可哀想に思った近所の人が
餌を与えていたところ
増えてしまった

一時は13匹にもなったが
現在は9匹に
しかも全頭雌猫とのこと

年明け早々、現場に出向くと
臨月では?
と聞いていた黒猫は
やはり出産した後でした

素手で捕獲出来た四匹と
捕獲器で捕らえた二匹を
早速避妊手術の為に入院させました

しかし
出産した黒猫と
二匹の姉妹猫は

他の猫の捕獲現場を見て学習したのか
なかなか捕まらず
いまだに仔猫の所在も判っていません

仔猫達は生存していれば
やがて一ヶ月半
一日も早く保護して
人馴れ訓練を開始し
新しいご家族をと気ばかりが急きます

会に寄せられる相談のほととんどが
今回の事案と同様と言っても過言ではありません

自己責任として
ご自分で精一杯努力される方もたくさんおられ

もちろん会でも
ご協力できることはさせていただいています

反面
うちの猫じゃない!
ただ餌をやっていただけ!
とどめは
全部の猫を引き取って欲しい!

こんな方達の何と多いこと!
短絡的で危機感もなく
目の前から猫の姿がなくなればいいと
まるで他人ごとなのです

ボランティアと名乗るだけで
お金もどこからか湧いてくる
(そんなわけあろうはずがありません)
何でもすぐに解決してくれる
便利屋さん扱いです

自分でまいた種は自ら摘む
覚悟と責任感が伴わないと
負の連鎖を絶つことは出来ません

悲しいかな
人は身銭を切ったり
労力を使ったりと
自らに痛みを負わなければ
なかなか事の重大さに気付きません

行政は動物愛護法に基づき
猫の引き取りを拒否できるようになりました

その反動で
ボランティアに寄せられる案件が
何倍にも増え
限界を超えた環境の中で
対応する度
心身ともに疲弊していきます

人の意識の改革は
もとより官民が一体にならないと
前には進みません

幸い、会の活動にご協力して下さる方もいらっしゃいます

今回捕獲出来た猫ちゃんたちも
医療を終え
預かりさん宅で家猫修行中です

ひな梅 

野良猫に見られがちな狂暴性も全くなく
穏やかな仔達ですので
気長に見守っていただければ有り難く思います

もも 

まだ、二匹の女の子と
黒猫親子の捕獲保護

また、別の同様な相談が二件
エンドレスですが
地道に一つ一つ
より良い方向へ進めていくしかありません

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック