FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2019年03月29日 (金) | 編集 |
黄疸で耳や目は真っ黄色
そんな重篤な病気との闘いが
殿くんと二人三脚で始まりました

IMG_8374_20190328172340730.jpg
 絶不調の頃の殿くん

処方していただいた飲み薬や
朝晩の皮下点滴
強制給餌
他良いと思われることは何でもやりました

IMG_8181_2019032817233864b.jpg
 目に生気が感じられません

無理に食べさせられることに
必死に抵抗する仔に
悪戦苦闘しながら

1日4回の
シリンジやスプーンでの給餌は
まるで虐待か拷問です

幸いチュールは
自分から食べてくれるようになりました

そして、8日目
試しに置いていたカリカリを
「カリッカリッ」
と音を立てて初めて食べてくれました

IMG_8420_2019032817234155f.jpg

元々野良生活が長かったこともあり
警戒心が強く
とても臆病な仔ですので

人や他の猫の気配を察すると
見えるところでは食べない仔が
初めて見せてくれた姿でした

うれしくて、うれしくて
感激で思わず写真を撮りました

IMG_8422_2019032817234309f.jpg
 お皿に顔を突っ込んで食べています

心なしか黄疸の黄ばみも
薄くなっているような気がします

退院してから10日目の受診
血液検査の結果は正常に戻り
体重も100グラム増えていました

あんなに黄ばみがかっていた耳にも
赤みがさしています

IMG_8517.jpg
 耳もピンクに染まり目力も出てきました

先生も満面の笑みで喜んで下さいました

しかし・・・
「過去に同様な病状の成猫が
助かったことがあるけれど
病気の原因は分からない」と

こんな幸せな結果を迎えられたことはやはり
1週間の入院治療があったからこそで
殿くんの若い生命力に
相乗効果となって
持続していたんだと思います

無上の喜びを感じると同時に
役場から依頼され預かった
ちびちゃんを切なく想います

参照記事はこちら → 別れ

儚く散ってしまった死の現実
厳しさをも受け止めています

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック