FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2019年07月19日 (金) | 編集 |
7月に入ってすぐ
隣り町の老婦人から人を介して相談がありました

「通ってくる猫に餌をあげていたら
子供か4匹うまれてしまった。
どのように対処したらよいか」
というもの

4兄弟 IMG_9327
(体重60~70グラムの生まれたばかりの4兄弟の赤ちゃん猫)

4兄弟 IMG_9316
(へその緒が付いた4兄弟) 既に1匹は亡くなっていた

思わずまたか!とため息

孝一郎・わたる IMG_9197
(乳飲み子から預かり育てた兄弟)

今年に入って
類似した事案が何十件あったことか!!

4兄弟 IMG_9300

その度に駆け付け
時には親子ともに引き取り
飼育をしながらの里親募集です

しまじろうと松子IMG_9030
(多頭飼育の家から保護したしまじろうと松子ちやん)

身体が幾つあっても足りません

かんな IMG_9165
(商店街で保護された4匹の子猫のママかんなちゃん)

給餌していたら当然起こりうる自然の摂理

予測できないのでしょうか?

認識の甘さに
一体いつまでこんな相談が続くのかと
絶望的になります

対応出来る人員は限られています

実際、我が家には
一時6匹の乳飲み子を含め
総勢17匹の仔猫がいました

短い生涯を見送る辛さ・・・
里親さんの元へ送り出せた喜び・・・

短期間に悲喜こもごもの現実に
向き合わざるを得ません

なつめ・くるみ IMG_9199
(病院の駐車場に段ボール箱に入れられ棄てられていた姉妹)

餌を与えたなら
覚悟を決め
人に頼らず
自己責任を完結してほしい

餌を与えたなら
その優しい気持ちを
より強い愛護の気持ちに
進化してほしい

躊躇せず
避妊手術を施してほしい

最初の避妊手術代を惜しんだために
手に負えないほどに
殖やしてしまった現場に
何度も遭遇していると

声を大にして
叫ばずにはいられません

死ぬためにだけ生まれてきた短い命

人に迫害され続け
一度も幸せを感じることなく
儚く消えていく命

不幸な命の誕生は
少しの知恵と
勇気と
優しさで
防ぐことが出来るのです

そして
処分数が減ったと
実績を強調する行政に
まず第一に相談し
現場の実態を知らせてほしいと願います

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
本当に大変だと思います。
可愛いだけで気軽に飼うことはできません。
YouTubeやネット上にはペットとして、動物としての情報や映像が上がってますが、実際の大変な部分はあまり上がってないですね。
愛情を持って、家族として一緒に生活して初めて分かることは沢山ありました。
大変だけではなく、一緒にいてくれてありがとう!と今は思てます。
大変でも、年を重ねても私にはこれからも大切な家族です。
2019/07/28(Sun) 22:11 | URL  | Shinji #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック