FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2020年01月18日 (土) | 編集 |
私は、野良猫が繁殖を繰り返し
地域住民と共生できない子猫達が
遺棄、殺処分、交通事故、病気などで
生まれても生きられない現実に心を痛め

それを止めるにはTNRしかない
と個人で活動しております

   ※TNRとは
  Trap(トラップ): 捕獲すること
  Neuter(ニューター): 不妊手術
  Return(リターン): 猫を元の場所に戻す
 
    繁殖を防止し、刹処分される不幸な命を無くし
     一代限りの命を優しく見守って欲しいと願います


今回、猫エイズの母猫から生まれ
母子感染により
猫エイズ抗体検査陽性となった
子猫の事を紹介させて頂きたいと思います

ある地域での活動中
15匹の親子がおりました

成猫5匹はTNR
子猫10匹は保護、里親探しをすることにしました

その中に妊娠している母猫おり
出産後母子共に保護して
育ててまいりました

子猫が2ヶ月になり
里親様が見つかりましたが

譲渡前の検査で、猫エイズ陽性となり
白紙に戻りました

それだけでなく
10匹が全頭陽性という
とてもショックな現実となりました

しかし、同じ尊い命なのです

世の中にはまだ偏見があり
陽性というだけで避けられてしまい
幸せになるチャンスを奪われてしまうのです

子猫は生後6ヶ月頃まで
母猫の免疫と抗体を受け継いで生まれてきます

しかし、これは
エイズウイルスに感染しているという意味ではなく
ウイルスに対抗する物質があるという意味なのです

ですから、母猫の抗体がなくなる
生後6ヶ月頃に再検査をすれば
陰性になるケースがよくあるのです

今回、母猫が猫エイズ陽性であった子猫は
全頭陽性となりました

しかし、実際今回保護した子猫たちは
6ヶ月後の再検査で
全頭陰性となりました

6ヶ月未満の血液検査で陽性となり
譲渡のチャンスを失ってしまった子猫が
いっぱいいると思います

私が一番願っていますのは
猫エイズ陽性でも
尊い命には全く変わりないということです

世の中の猫ちゃんが等しく
幸せになりますように願いつつ・・・

岐阜市 Yさま


《参考》猫エイズについて

猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)に感染した猫は、
猫エイズの菌(ウイルス)を持つ、いわゆるキャリアとなります。

この段階では、猫自身の免疫がウイルスの活動を抑え込んでいるため
何の症状も出ていません。

やがてウイルスが活動を始めると、「発症」となります。

発症すると免疫機能が低下するため
抵抗力が弱くなり病気への感染がしやすくなります

しかし、猫エイズウイルスを持っているすべての猫が
発症するわけではありません。
キャリアであっても、ずっと発症せずに
そのまま天寿を全うする猫も沢山います。

猫エイズウイルスは感染力の強い病原体ではないので
空気感染や接触感染はしません。

猫エイズキャリアの猫による咬傷で感染します。

室内飼育で猫エイズキャリアの猫と
接触する機会がなければ
猫エイズウイルスに感染するリスクは
ほとんどありません。

また血を流すような激しい喧嘩をしなければ
エイズキャリアの猫と同居していても
感染するリスクはほとんどありません。

猫エイズは、猫同士でしか感染しません。
(犬エイズというものは存在しません)
一般的に飼育されている動物の中で
“エイズ”になるのは猫だけです。

猫エイズキャリアの母猫から生まれた子猫は
猫エイズウイルスの「抗体」を持っているために
血液検査では陽性となっても
実際にはエイズウイルスを持っていない場合もあります。

猫エイズウイルスの感染から
猫ちゃんを守る為には

室内飼育
これにつきると思います


キャリアであっても発症させないために
一番大切なことは

ストレスのない生活を送ることです。
清潔なトイレや水
栄養のある食事を与えること。
騒音などのない
落ち着いた環境で過ごすこと。
そして
愛情をたっぷりかけること。

そうすることで免疫力を高く保つことができ
その結果、発症リスクを下げることにつながるのです。 

 岐阜ねこを救う会 



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック