FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年06月08日 (土) | 編集 |
仔猫は 親猫が居れば すくすく育つと
多くの人がそう思っている
だから特に関心もない
おっぱいをもらって 一緒に寝て
兄弟とコロコロ遊んで
誰しもそんな風に思っている
確かに大事にされている飼い猫ならば
そうなのかもしれない
でも・・・・

多くの野良猫たちの現実は 悲惨なものである
自分一人が食べるのもままならない今日
今が精一杯の今日
昨今のように異常に暑い日もあれば
凍えるように寒い日もある
現実に暑さで衰弱していく 小さな小さな仔猫
寒さで凍死していく命
親猫は仔猫がいれば出ないお乳を与え
それでも衰弱していく我が子
力のない仔猫から死んでいく
100gや200gの仔猫が生きていくには
自由な世界は過酷過ぎる

今日という日を何とか生き抜いて
それでも
明日が来るという保証など何処にもない
大人にさせてやれる仔猫が何匹いるのか
それが自然淘汰という言葉でかたづけられてしまうのでしょうか?
だったら避妊という方法で
少しでも自然淘汰をなくしたい
避妊した親が生きていくだけなら
一代限りの猫さんなら
沢山の小さな命が消えていく事もないでしょう

今年色々な事情で保護した猫さんの何と多いこと
何とかして生きて欲しいと誰もが願い
そしてIさんの戦いが始まる
柔らかいお布団に山盛りのご飯
昼夜を惜しんでお世話をしても、
病院で治療を受けても死んでいく子はいる
1匹 また1匹と消えていく小さな命

病気だったのかもしれない
体が弱っていたのかもしれない
数百グラムの小さな体から体力が無くなって
日に日に弱っていく
昨日まであんなに元気に鳴いていたのに
今日はぐったりして ご飯も食べない
無理矢理にでもミルクやご飯を与えて食べてくれれば
まだ希望がもてる
しかし与えたモノを吐いてしまうと
もう手の施しようがない

せめて柔らかいお布団と
あたたかい人間のぬくもりの中
お家で最期の時を静かに過ごす

何故そこまでお世話をするの?
だって そこに精一杯生きようとする命があるから
今を生き 明日を見ているその目があるから

GHCR 会員 O



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック