FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年09月11日 (水) | 編集 |
お便りりいただいたフウガくん改めライ君は、高齢のご夫婦が不妊手術を怠った為に繁殖し、育てることが難しく預かった子です。
ライ君とはなかなか男前なお名前つけていただきましたね。

ライ君は5兄弟と一緒に我が家にやって来て、やがて3ヶ月近く最後まで残って一緒に暮らした子です。
5兄弟の中でも一番ひ弱でちっちゃくて、情けないショボショボした目といつもはな垂れ小僧のようにお鼻を拭いてあげていたような子でした。
一時は風邪が長引き、育つかどうか?心配した時期もありましたが、点滴と三時間毎の強制給餌で何とか乗りきりました。

〔保護当時、可愛すぎるおめめがちんまり〕
cat_22214_2.jpg cat_22214_1.jpg

その後は、一気に弾けるような快活さで兄弟に向かっていくほど元気になり安堵したことが想い出されます。
手をかけた子ほど愛しいものです。
元気に走り回っていてもはな垂れ小僧は相変わらずでしたが、それを承知で家族として迎え入れてくださったこと本当に嬉しかったですね。

初対面の小学生のお姉ちゃんのお膝の中で寝てしまうほどの人懐こさが好感度アップに繋がったんでしょうか?
しかし、あの情けないブサ可愛い系のフウガくんと思えないほどの凛々しい変貌振りにびっくりですね!
まだお鼻を拭いてもらっているんでしょうかねー?
嬉しい幸せなお便りに懐かしさで胸いっぱいになりました。大切に育てていただいて感謝です。

〔優しい里親さんと暮らすライくん、すっかり凛々しくなりました〕
CIMG2785.jpg

CIMG2713.jpg

CIMG2768.jpg

〔洗面器で爆睡~zzz〕
DCSA0007.jpg


今回の件で如何にお年寄りが不妊手術に対する認識に欠けているか、繁殖を留める術を知らないのかが、よく分かりました。
今後は順々と啓発していくしかないですね。

毎日の様に捕獲器を持って走り回っていますが、一度施術した方は不幸の連鎖を留める一番の方法であることを身を持って実感され二度、三度と施術する方の輪が広がってきました。
でも、反面自然の摂理の観点からみると、お年寄りの様に自然の流れに任せる方法が、究極的には正しいこともよく分かっています。
でも、現代社会はそれを受け入れてくれません。
保健所での処分、車での事故死、虐待死等人工的な行為がある限りこの方向で進むしかないと、葛藤の中での自分なりに出している結論です。

昨晩も念願の子が捕獲出来たと涙を流して安堵される姿を目の当たりにして、やはり皆さん次の命に思いを馳せ産まれても決して幸せにはなれない現実を直視しておられるのだと思います。
この二匹の親子猫も近所の方が無防備に繁殖させた結果の産物です。
全国津々浦々こんな現状なんでしょう?
でも、誰かが留めなければ!!!

GHCR 代表 I



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ライ君に思うこと 読ませて頂きました
(このコメントは里親さんからいただいたメールを転載しています)


小さいころから大きな愛情の元で育てて頂いていたのですね。

皆様の愛情を受け継いで我が家でも愛情い~っぱい育てています。
末っ子の王子さまですよ(^_-)-☆

毎日、可愛らしい姿や、仕草に癒されて、仕事の疲れも忘れてしまいます。
持って生まれた人懐こさのお蔭か会った人みんなに好かれていますよ  =^_^=


小さい頃からの鼻水も (家でも「鼻水小僧」と呼ぶ時もありますよ(^。^)) まだ健在です。
鼻水もご愛嬌ですよ

ライ用の鼻水拭き用のタオルを用意して気が付いたいた時に拭いてますよ                 
赤ちゃん用の鼻吸いも活用しています。
鼻を拭くときの イヤイヤ~~~~~~  も可愛らしい(=^・^=)

我が家の大事な一員としてこれからも長ーーーーく暮らしていきます。(^◇^)
2013/09/14(Sat) 12:59 | URL  | ライ君の里親さん #-[ 編集]
ありがとうございます♪
まああ、まだ鼻垂れは健在ですか!申し訳ありませんね。でも寛容に受け止めていただけライくんは幸せです。
体力がついてくれば自然に治癒すると思いますので気長に見守ってくださいね。
ライくんは持って生まれた天真爛漫な性格なんでしょう。
あるおばあちゃんが「この子はごはん欲しい時だけすりすりしてきて、後は知らんぷりで自己中だ」と言いました。
いえいえ、おばあちゃんそれが大概のねこちゃんなんです。
自然体で生きているんです。
でも、そうは言ってもライくんのようなお人にも猫仲間にもフレンドリーなねこちゃんが可愛いし何よりうれしいですよね。
一緒のお布団で寝ていた子でも里親さん宅を訪問させていただくと目が合った途端、ダーと一目散に逃げる子のなんと多いことか!
さて、ライくんは??

また、成長ぶりを見せてください。楽しみにしております。
ありがとうございました。
2013/09/15(Sun) 07:17 | URL  | 代表I #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック