FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年10月04日 (金) | 編集 |
4年も前の事
九月も下旬だと言うのに午前中から暑かった。
いつもの公園で夕方から缶のリサイクルに足を運んだ。

image_20131003102707d45.jpg

青々と茂った木の下から、誰でもが耳にする、子猫の
鳴き声!
と思い「おいで」と呼んでしまった。
その瞬間、手の中にキャッチしてしまう。
どうしょう!
一瞬 頭をよぎったのは、里親さまを探そう。
でもよく見ると、両目がふさがっている!
上から見た時は分からなかった。両脇、お腹、柔らかい皮膚は毛が無い!
どうしょう!
無責任な声かけをし、覚悟のないまま保護してしまった。
でも、
涼しい車の中で一休み、安堵している ももちゃん の姿を見て
考えが変わった。目も見えない子猫が、親とはぐれ、私の呼びかけだけで
身を預けてくれた もも ちゃん、今度は、私が応えてあげなくては!

覚悟ができました。

それから 早いもので
あっとゆう間に4年の月日が経ってしまいました。
毎日 家族からの話し相手に忙しい ももちゃん。
ただ今でも謎が1つ。ももちゃんのお世話係り懐いているはずであろう、私と、主人。
これまた不思議で、息子2人の膝の上でくつろぐ姿。

image_1_2013100310270877d.jpg image_2_2013100310270961f.jpg

やっと、3年目にして、主人が大はしゃぎ「膝の上に乗ったぞ!」
どこ どこ 焦る私。でも、よく見ると、ももちゃんの顔
くつろいでいるとは思えない。緊張してる。やっと、「乗ってあげたよ!」
とでも言っているようにしか私には見えない。

image_3.jpg

やはり、息子達の膝の上に乗った ももちゃんとは違う。
そんな小さな出来事が嬉しく感じられる。
猫ちゃんがそばに居るあたりまえの生活が、私たち家族の幸せです。
ももちゃん との出会いは偶然とは思えません。
我が家に迎える運命の子猫だった思います。
毎年 この時期を迎えるたびに運命の糸で繋がっていたのだと思えてなりません。

〔治療完治保護して1ヶ月後〕
image_4.jpg

GHCR 会員 N



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
はぁ、涙もろいお年頃になった私には、ホロリとさせる出会いのエピソードですね。ももちゃんは、自分で今の幸せをつかみ取ったんですね。いい方に見つけてもらえたねぇ。良かったねぇ。大きくなって、美猫になって、お写真からも愛されちゃってる感じが伝わります。素敵ですね。
2013/10/06(Sun) 22:40 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック