FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年10月19日 (土) | 編集 |
お家のない仔のお母さんに 家族になってあげよう
そう思って里親に手を挙げて下さった方がいます
優しいとか慈悲深いとか そういう次元ではなくて
仔猫の過去も 今も そして未来も
全てを受け止めてくれる心を持っている方です

今どうしようもない現実に直面して
心が折れそうなのに一緒に頑張ろうとしてくれる
その仔にどんな未来が待っていようとも
ずっと家族でいてくれる

それは口で言うほど優しいことでも簡単なことでもない

どんな仔にだって命には限りがあって
生まれたときに決められている
それは勿論私たちだって同じ事
でもお家のない仔としてこの世に生まれた仔たちは
それなりのリスクを背負ってしまっている
決してなりたくてなったわけではないのだけれどね

私が好きで愛読している本があります
作者も保護猫を多頭飼いしていて
持病を持った家猫さん達とご主人と暮らしている
保護した仔猫や預かった成猫を 先住猫さんと共に育て
里親さんに託している

その方の本の中では
動物は命尽きると行く場所があります
そこには番頭さんがいて 
間違って寿命より早く来てしまった猫さんの残りの寿命を
同じ家の猫さんに足して帳尻を合わせるという場面がありました
定められたはずの寿命は変わる事もあるのです
だから もうダメと思っていても劇的に回復することもあるのです

その方の本で 愛猫が病に倒れた時
生きたいなら、きっと助かる
「もういいや」と思っているなら、そこまでです
こればっかりは仕方がない。
人事を尽くしている以上、あとはその仔に任せるしかありません。
医療の限界が来たら、家に連れて帰り
その仔が苦しくないようにするのが私の勤めです

また先日 猫の介護を特集した本を見つけました
若くして介護が必要になる事があるかもしれない
老猫になって痴呆になったり病気になったりして
介護が必要になるかもしれない
その中で私の心に響いたのは

介護とは死なせないことではなく
【少し不自由になった愛猫の安らかで苦痛のない日々の手助けである】

その仔の寿命をどれだけ楽に たのしく過ごさせてやれるかということ
私はいつも死なせないことばかりを考えていた
でも そうなんだそんな風に考える事ができるのだ
実際その場面に直面したときに
はたして自分が出来るかどうか 自身はないけれど
それでも心に深くとどめておこうと思いました

里親に手を挙げて下さったその方は
優しいのだけれど 優しいだけじゃなくて
とても心の強い人
その強さは いったい何処からくるのかな?
きっと 愛 なのでしょう

辛かった過去が嘘のように
里親さまの家族の愛に包まれて暮らしている仔たちは
幸せものです
幾月かすれば過去を忘れて横着にもなるかもしれません
でも それが幸せの証ですよね
お家で生まれてお家で暮らしていても
決して幸せでない仔も沢山いる

1匹でも 一度でも
この世に生まれた限りは幸せになってもらいたい
そう願わずにはおれません

GHCR 会員 O



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
いつも、胸の締め付けられる文章に感動します。
その本は私も愛読しています。(たぶん)
保護した猫や、長いこと一緒にいた猫の別れの場面では
いつも人ごととは思えず、感情移入してしまい
見るのが辛いことも・・・。
でも幸せな様子や、ささいな出来事の喜怒哀楽を
楽しみにまた見てしまいます。
すべてのニャンコ達が幸せになることを
願うだけで叶うなら、どんなに楽なことでしょう。
みんながOさんのように考えてくれたらと思います。
とりあえずは自分の周りにいるニャンコ達の
幸せを生涯責任持つことを心に決めています。
甘やかしは、うちの父が主に担当していますが(笑)。

このブログを見て、同じ志の方が一歩を踏み出してくださることを
願いたいと思います。それが、より多くのニャンコ達の幸せを
つかむ機会になるのではないでしょうか。
2013/10/19(Sat) 20:32 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
長文で失礼します
愛読書・・・というには字より絵ですが(笑)・・・が一緒なのは、何だか嬉しいですね。先日12巻が発売されましたのでまたまた購入。毎日ブログを見ているのに本は必ず買ってしまいます。はい。
亡くなってしまった仔に執着している間がないほど、今生きている仔たちが、新しい仔たちが大変で、可愛くて・・・
でも、ふっとした瞬間に思い出すんですよね。心の中にはずっといるんですよね。忘れることなどないんですよね。
一緒だな、って思います。

まめ蔵さんは、私なんかよりずっと沢山の猫たちのお世話をし、職場の上司の心を変え、仲間の心を一つにし、なおかつ気は優しくて力持ち、行動力がある凄い人です。
それもこれも愛情が一杯なんでしょうね。うん。
両親が猫好きなのも羨ましいです。ステキ。

力強い言葉をありがとうございます。少しずつ仲間が増えて、少しずついいことが増えて、いつかもっと笑っていられるといいですね。
何だか支離滅裂になりました。ごめんなさい。
2013/10/19(Sat) 22:30 | URL  | 会員O #-[ 編集]
こんにちは。今日は外ニャンコのニャンコハウスを
さらにクッションと断熱シートで寒さ対策の強化をしています。
昨年は、湯たんぽを夜は毎日入れてましたが、
今年はその必要もないのではないかなというくらい
温かいものに仕上がり自己満足しております。(笑)
外ニャンコがニャンコハウスから出てきたときの耳の温かさをバロメーターに改築を重ねていますが、最近はずっと
ホカホカの耳でみんな出てくるので安心しています。

大変なお褒めの言葉をいただき光栄です。
少し照れくさいですが。
言葉だけでは人を説得・納得させられないものです。
こちらにいらっしゃる皆さんを見ていると
自分もなにかしなきゃっ!って気になるんですよね。
決して強い人間ではありません。
むしろかなりビビりです(笑)。
一人じゃなくて気持ちを共有できる人がいるっていうのは
心強いです。
Oさんのコメントにも元気付けられます。
また、宜しくお願いします。(笑)
2013/10/20(Sun) 09:49 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック