岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2013年10月25日 (金) | 編集 |
なんとかしなくちゃ!
そう思って捕獲・避妊・去勢・里親探し・TNR 等々
それぞれがそれぞれの出来ることを頑張っている
そんな人の輪が広まっているような気がします

何とかしたいのだけれど どうしていいのかわからない
そんなせっぱ詰まった人がいる

これ以上不幸な命が増えないように捕獲し避妊をしたいのだけど
初めてのことでわからないから助けて欲しい
P1000195_20131024212733ba5.jpg
さまよっている猫を保護したいのだけど
どうやって保護すればいいのか教えて欲しい
IMG00324.jpg
乳飲み子を保護し育てているのだけれど
里親を見つけてもらえないだろうか

仔猫を保護したのだけれど
どうしたらいいだろうか
IMG01039.jpg
今日も寄せられる数々の相談
しかし 残念ながら全てに答えてあげられることが出来ません
何故なら・・・
私達のような小さな団体に課せられたものが大きすぎて
本来なら行政が動くはずの何もかもを小さなボランティアが背負っている
行政からの支援など 当たり前のようになにもない
O市では避妊・去勢の補助金さえない現状です
《ぜんこく犬猫助成金リスト》参照

お外の猫を保護したいと市の方へ相談に行かれた方がいました
「捕獲器を貸してもらえないですか?」と聞くと
「猫のはないから」と言われたそうです
その後 当会へ相談がありました
おかしくないですか?
O市は相談者に対してそれで終わりですか?
当会も自費で捕獲器を購入しているのです
O市は「ありません」で終わりですか?
その後はボランティアがやるだろう。そう考えているのでしょうか
行政の重い腰を動かすには みんなの力が必要です
ボランティアに助けを求めるのと同じだけ
行政にも働きかけないと 行政は現状を何も知らないのです
知ろうとも考えていないのかもしれません

世の中には
助けて!の声が聞こえる人と 
助けて!の声が聞こえない人がいると思います
誰にでも聞こえるものではないのかもしれない
小さな声がやっと届いた時
その小さな命を助けてあげたい!そう思って行動に移した人
私達も皆同じ思いです
仔猫20130801123139
今回 台風で被害を受けた島民が避難を余儀なくされている
その中には
「猫がいるから避難しない」と話しているご婦人がいました
「猫と一緒に・・・と思っていたけれど」と悲しそうに話す老人がいました
命は一緒なんですよね
そんなこと言ってる場合じゃない たかが猫
そう思う人が大半で 多分正しいのでしょうね
でも私も 捨ててはいけない一人 何としても
***** ***** *****
そんな中 今日見つけた情報です
 伊豆大島の土砂災害による島民の方に・・・
 ペットと共に避難できる手はずがとられているようです
 島外へ避難される方のペットは、東京都獣医師会が一時保護預かり先を
 確保してもらえるようです

同じ行政でも こんなに違いがあるのでしょうか
以前の災害をふまえての一歩前進ですよね
とても羨ましい限りです
***** ***** *****

反面 私には理解不能な人がいるのも事実
「誰かが拾ってくれるだろう」と箱に入れて放置!
誰かって 誰?
「仔猫ばっか増えて面倒みきれん」から捨ててくる!
もちろん避妊する気などさらさら無い
飼えないからという理由で保健所に持っていく 
その仔は もがき苦しみながら死んでいくのよ
P1000110.jpg
生きることが許されなかった命
その小さな命は 貴方のものじゃないのよ
P1000077(2).jpg
なんにも出来ない私だけれど
せめて関わった猫たちだけは 幸せにしてやりたい
私が今こうして 生かされていて
決して裕福ではないけれど暮らして行ける
有り難いことです

GHCR 会員 O



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
心強い。きっと、皆様をお手本に少し勇気をだして行動に移すことができる。
頑張っている人がいる。目指す先がある。
有り難いことです。
私の住む市内も、助成金はありません。
保護団体も存在しません。猫さん逹には、優しくない町です。
私と同じ思いのひとが、少しずつ増えるといいな。と思っています。
沢山の人が、自分の救える命を救う。
そうなれば、沢山の命が救えるのに。
2013/10/26(Sat) 22:54 | URL  | 佐合 #-[ 編集]
大きな街の方がより猫に優しいのでしょうか?
声を出す人が多いのでしょうか?
それとも、やはり役人のによるのでしょうか?
数年で担当を離れる役人は、任期を数年我慢してやれやれ
でしょうか?
そんなんでは、改善されることも進歩もありませんよね。
個々に活動されている人が、世の中には実は沢山いるんですよね。
その想いが行政に届くのはいつ?なのかしらん。
寒くなりました。猫サプリに浸って今週も頑張りましょ!
2013/10/28(Mon) 12:44 | URL  | 会員O #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック