岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2014年03月28日 (金) | 編集 |
おかげさまでハヤテ♀は、元気いっぱいで体重も3キロ超えました。
骨骨しい感じはまだ残っているものの、お腹もふっくらしてきて元気な猫らしい感じになってきました。
先週の通院で、今回は持ち越したと獣医さんの笑顔が思い出されます。
キャリアである以上、いずれは発症するであろうとの話に、「その時は寿命とあきらめます」と答えました。
当面、抗がん剤の通院になる予定ですが、一安心です。

今回のことは私にとって大きなことでした。
猫の命が人間より短いことはわかっていても、目の当たりにするのは全然違ってて、それを肌で感じられたことは大変ありがたいことです。
いつか来るであろう猫との別れに際して、ペットロスにならないようにこうした時間と経験をいただいたと思っています。

家族同然と思っていたペットと死別して悲しくない人はいないでしょう。
大声で泣いても、落ち込んでも、後悔しても、仕方のないことです。
ただし、悲しみも含め、そうしたマイナスな感情(不安、心配、怒り、妬み、嫌い等々)は、脳から自然とわいてくるもの、理性で切り替える努力をする必要があります。
いつまでも悲しみ続けることは、その人の身体や精神を蝕み、周囲の人にも心配や不安の種をまき、良いことはないからです。
長い間、精神科と縁が切れなかった私ですが、そうした考え方を切り替えることを教えてもらって練習してきたおかげで、今は精神安定剤とも縁が切れました。

動物たちが人間の心を癒してくれることが増えてきた中で、ペットロスが深刻になることは容易に考えらえると思います。
週刊誌に書かれていた、ペットロスから自殺を考えたという記事も、おおげさではなくなるかもしれません。
私自身がペットに依存することなく、かといって見放すことなく、うまく共存していけたらと思う今日この頃です。

GHCR とものすけ



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック