岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2014年03月28日 (金) | 編集 |
日頃お世話になっている動物病院の先生から電話が入りました。
私と同じ町内に住む方が四匹の猫の避妊去勢手術をし、退院後に、四匹とも嘔吐、食欲不振で受診治療されたがその後の容態が心配だから様子を見に行ってきて欲しいとのこと。

訪ねてみると農機具小屋の藁の上でぐったりしている三匹の猫の姿がありました。
月齢半年にしては皆、小振りで衰弱していて脱水症状がみられます。
一匹はもう4日も探しているが姿を見せていないそうです。

早速、経営される隣接の工場の一部屋に三兄弟を移動させ温かい寝床をこしらえて休ませました。
衰弱している時にはまず体を温めることが基本です。
持参した点滴で補液し療法食を強制給餌した後、しばらく様子を見ましたが元気なく身動ぎもしません。
その後、朝晩二回の点滴と給餌を三日間続けた4日目には、目力も出てきて回復の兆しがみえてきました。


田舎ではまだまだ動物に対して家族の一員としての意識は希薄です。
でも、ご家族は野良猫が置き去りにしたこの仔猫達四匹をミルクから育て、これ以上殖えないように避妊去勢手術までされました。
体調不良であれば病院にもかけられます。

ただ、自由飼いだったり健康管理に不充分な面があり自然淘汰に近い飼い方ですがそれはそれでご家庭の事情もあり、致し方のないことかもしれません。
今回、先生のお声がけがあり、住まいが近場であったことから朝晩通うことができたことも幸いしました。
そしてご家族が私の助言を素直に聞き入れて下さり、懸命に面倒をみられたことで命を繋ぐことができたのです。
しかし、原因は何であれ明暗が別れた三匹と一匹。行方知れずの茶とらちゃんが不憫でなりません。

ご家族も、この茶とらちゃんの件では大変心痛められ、大切にして下さる方がみえればその方に託した方が幸せではないかと三匹とも手離すことを決心されました。
お気持ちを尊重して、里親さん探しを開始して間もなく三兄弟に予約が入りました。


自分の置かれた環境も省みず、ただ可愛さだけで我を通し、結局猫が不幸に陥る例を沢山目の当たりにしてきました。
寂しさ、切なさをこらえ猫ちゃん達の未来の幸せの為に手離すことを決断されたこと、それが本当の愛情かもしれません。
あれから二週間、今ではすっかり元気になりじゃれあう姿が一層いとおしく思えます。
近々新しいご家族の元へ旅立ちますが折角繋いだ命、幸多かれと祈ります。

【元気なく寄り添う三兄弟】
140318_104638.jpg

140318_104502.jpg


【元気になって飼い主さんに抱かれる三兄弟です】

三兄弟の飛鳥ちゃん
140324_173638.jpg

すみれちゃん
140324_173512.jpg

つくしくん
140324_172639.jpg

GHCR 代表 I



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック