FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2014年04月07日 (月) | 編集 |
ダヤンが居ない
やけに静かな夜
勿論発情の雄叫びがないから
静かなのは当たり前なのです
しかし・・・まだこの部屋には
3にゃんがウロウロしている

発情の声に ほとほとくたびれて
動物病院の先生に相談をしたり 調べたり
私は・・・・
避妊をしていただいた獣医さんのもとへ行くことにしました
そこで発情抑制剤を注射してもらおう
それでもまた発情する事になるのなら
開腹手術を決心するしかない

仕事を終えて車を走らせる
一時間半くらいの道のり
遠いなぁ・・・
注射だけにそこまで行かなくてもいいんじゃないかしらん

その日は木曜日 
私のお世話になっている動物病院は二か所ともお休み

車を走らせること30分
途中 動物病院の看板が目に入りました

ここは前にIさんから聞いたことがある獣医さんだ
私は一度も扉を叩いたことはありません

・・・・通り過ぎてしばらく
Uターンして路肩に止まり ナビ設定

行こう!!
看板の動物病院に到着すると
何だか薄暗い
・・・木曜休診

がっかりするやら情けないやら
しばし車を動かせずにいると

カチャ
扉が開いたんです
いや正確には先生が開けて下さいました

お休みなのに 先生は私を中に招き入れて下さいました
事の訳を話し 先生の考えを聞きました

先生はホルモン注射をしないという考えです
先生「眠れてないと正しい判断ができないよ」 
今夜はダヤンの様子を見 明日結論をだしましょう
そしてダヤンを先生に預け家路に着きました

場所が変わったからでしょう
ダヤンはその夜 病院で静かに過ごした

もしかしたら治まっているかもしれない
そんな期待を抱いてダヤンと家路に着く
よほど疲れたのか 夜珍しく肩枕で寝 おとなしい
これは期待できるのかもしれない
就寝・・・
早朝 ぎゃお~ん ぎゃお~ん
やっぱり甘かった

私は先生に手術をお願いし 
ダヤンを託しました

休診日と重なったため 一泊させてもらい
ダヤンはやっと我が家に帰ってきました
1 IMG01675
やはり卵巣が再生していました
綺麗に取ってもらい 
今ストーブの前でずっと寝ています
3にゃんは寄り付かず 部屋にも入ってこない
何かわかるのでしょうか
2 IMG01692
長く猫を飼っていますが
また一つ勉強になりました
3 IMG01693

GHCR 会員 O



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
卵巣の再生
そんなこともあるのですね
勉強になりました

ダヤンちゃん、落ち着いて良かったですね
2014/04/09(Wed) 22:03 | URL  | シャチャン #-[ 編集]
ありがとうございます。
普通の避妊手術より負担が大きく4日ほど
ぐったり倒れていたので心配(涙)しましたが、今では
前にも増してベタベタになりました(ホッ)

獣医さんに、(再生するなんて)肝臓みたいですね
なんて冗談が言えたのも元気になったから

長い間には、いろんな事がありますね

私の知らな いいことも、悪いことも
情報交換の場として教えてください

ありがとうございました

2014/04/10(Thu) 17:28 | URL  | 会員O #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック