岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2014年05月07日 (水) | 編集 |
突然のメールで すみません。
本巣市に住む者ですが 昨日 捨てられている親子を見つけました。
また目も開いていないような子猫が5匹ぐらいと まだ若いと思われる親猫です。
車も通る雨もしのげないようなところに 段ボールに入れられていました。

親猫が威嚇してくることと もし保護しても そのあとの事が心配で 見ている事しかできません。
昨日は カリカリを近くに置いてきましたが 今日は 段ボールの中に お菓子やコンビニ弁当の焼きそば 昨日の残りのカリカリも入れられていました。カリカリもですが 親猫が食べている様子は ありませんでした。
雨が降ったり カラスなども心配なので どうか助けて頂けないでしょうか。
本巣市政田になると思うのですが エディオンと家具屋の近くの橋の下です。

------------------------------------------------

上記の様にメールが入りました。

一刻を争う事態です。
依頼者に現場を案内していただき親子を確認しましたが、まだ生まれて間もない仔猫四匹が母猫にしっかり抱かれていて鳴き声一つ聞こえてきません。
母猫はフーッ、シャーッとうなりどおしで牙を剥き、爪を出して激しく威嚇し、近付くことすら二の足を踏む状態ですが何も口にしていない様子から母乳が果たしてでているやら?何としても保護しなければ仔猫の命が危ぶまれます。

意を決して先ず親の頭をバスタオルを幾重にもして押さえ付けて仔猫四匹を素早くキャリーケースに入れることに成功です。
その後、親も同様に捕獲器の中へ無理矢理押し込み一件落着。
自宅で三段ゲージに親子五匹を収容するのにもなかなか手強く噛みつかれそうな恐怖で尻込みしながらの作業でした。
3月に手を噛まれたばかりで治癒するまでに一ヶ月かかり、常に生傷は絶えませんが仔猫を守るための親猫の必死さを思うと却って不憫になります。

二階に餌や水を置いても片時も仔猫の側を離れようとせず一切口にしません
二日目、口許にお皿ごと餌を運ぶとやっと食べてくれました。パウチ二袋、ドライフード、ミルクをがつがつと一気食いです。
保護後10日、今はすっかり落ち着き目付きも穏やかになり余裕も出てきて甘え声も出します。
仔猫の成育状況も目も開き健やかに順調ですが、お母さんねこがいなかったら無事に果たして育っていたか?どうか?
母乳は正に命の源です。
救われた命、大切に見守っていきます。

今回の件で思うこと、考えなければならないことは多々ありますが次回仔猫の成長と共に綴りたいと思います。

【生後10日の仔猫たち】
140503_094817.jpg

140503_094758.jpg

140503_094236.jpg

140503_094628.jpg

【親の懐に抱かれる仔猫たち】
140502_133505.jpg

【他の猫からの気配を遮断する為にゲージを布で囲んてあります】
140502_133559.jpg

GHCR 代表 I



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
その時の親猫の心細さを考えると、胸がつまります。
どうしてこんな状態の生き物を段ボールに詰め込むことが
できるのでしょうか。
子猫が無事でなによりでした。

保護活動には休む暇がありませんね。
ご自愛ください。
2014/05/08(Thu) 13:01 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック