FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年09月30日 (火) | 編集 |
私がその事件を知ったのは
仕事に忙殺されていた日のお昼でした
当会に相談が入りました。


猫を虐待している人がいます。
自宅の敷地内に捕獲器を設置し、
猫を捕まえてはそのまま放置し、餓死させている人がいます
今まで、何度も、何匹もです。

その話は聞いていましたが、実際に見てしまいました。
捕まっていた猫を・・・。
SOS DSC_0283

翌日警察に相談しましたがらちがあきません。
注意するのも難しい。
猫避けのペットボトルと同じなんですよ。
見に行けたら行きます。

一日でも、面倒を見なければ、愛護動物に危害を加えたら、犯罪です。
しかし、警察は何もしてくれず、今日までそのままです。
1度、夜中にこっそりササミをあげました。
逃がしてあげたい!
けれど、暗闇で開け方も分からず
家人に見付かったら怖いし・・・
猫は恐怖で唸るし・・・
早々に、引き上げるしかなかったです。

動物愛護法は、何の為にあるのでしょう?
人が監禁、殺されたら、すぐに警察は動くのに。
同じ命なのに

今、捕獲器に捕まっている猫は今日で6日目・・・
雨にも打たれ、悲しい事ですが、情けない事ですが、何もできない。
もう時間が足りないと思います。
せめてもう2度と設置しないようする為に
何か策はないでしょうか?
今、動物愛護法に引っ掛かると、警告文を投函しようと思っています
他のお知恵を貸していだけたら幸いです。

~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~
突然のメールで失礼します。

と始まったそのSOSは衝撃でした。
何処に、誰に相談するかもわからず
一刻の猶予もない
そんな切羽詰まった相談者の
今、目の前で起きている・・・・・事件でした。

当会に出来ることは

即座に代表が動き関係各所及び警察に連絡

相談者にはすぐに証拠写真を撮ってきてもらうことをお願いし
警察には
証拠写真があること
一刻の猶予もないことを伝えました

全会員に連絡 各会員も気持ちを一つに動きました
そしてようやく

警察も迅速に対応し、現場に直行してくれました。
これは、れっきとした犯罪ですから

その後警察から連絡があり
捕獲されていた猫ちゃんは飼い猫の可能性もあることから
保健所にも立ち会ってもらい
無事保健所で一時保護されました

せっかく救うことが出来た命です
相談者には責任をもって引き取りを約束して頂きました。
きっと幸せになってくれることでしょう

捕獲器を仕掛けた家人はどうなるのか?
警察には、任せて見守って下さい。
そう言われています。
本当の事件はまだ終わっていないのです。

家人は誰が通報したのかと探しているようですが
通報者は地元の人間ではありませんから
わかるはずもありません
そもそも通報者が責められるのはお門違いで
虐待をしていた家人、それを止められなかった住民の責任は重いと思います

私たちは今後も見守っていこうと思っています。

 GHCR会員O


里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
住所と氏名を公表し、社会的制裁を加えてやりたい…と思うのは過激すぎる発言でしょうか。

そういうことをする人は、いずれは人間にも被害を及ぼしますよ。餓死していく動物を日々敷地内で見ているわけですよね。凶器の沙汰じゃなくてなんだというのでしょう。

つかまっていた子が、無事助け出されて本当によかったですが、今までに助けられず餓死してしまった子たちのことを思うと胸が詰まります。来世で幸せになってくれることを願うばかりです。

すみません。ちょっと黒いコメントになってしまいました。
2014/10/01(Wed) 13:06 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
日本は・・・・
全然黒くないですよ。
私だって言いたいこと、書きたいこと沢山あります。
私なんて黒どころか、気持ちが暗黒ですよ。
でも、書けないのが悔しくて、悲しいです。

こんな事件があった時、いつも思うのは
どうして?何でそんなことが出来るの?
しかしそれを理解しあうことは一生出来るはずもなく
平気でそんなことが出来る人がいる。
せめて何らかの罰を・・・と思うのは
私だけではありませんでした。

自分の犯した罪は、いつか自分に返ってくるのだと
私は信じたいです。

陰ながら応援して下さっている方にも
ありがとうございます

まめ蔵さんのコメントに勇気をもらいます
ありがとうございます

先の虐待の時にもありますが、
法律を変えなければ、何が 動物愛護法でしょう
器物破損罪!冗談じゃない 命です!


2014/10/01(Wed) 21:43 | URL  | 会員O #-[ 編集]
こんばんは

悔しくて悲しくてたまりません!
命を大切にできない人が居る現実‥
白ねこちゃん、怖かったでしょうに
今までの犠牲になってしまったねこちゃんを思うとたまりません

人間は、どうしてこんな自己中心なんでしょう‥動物も同じ命ですよね。
先進国に比べ、日本は動物たちに対する意識が低くすぎだと思います
人間なら救えること、助ける事、共存できる知恵を出す事が出来ると思うから命を軽く捉えないで欲しいと強く思います!
2014/10/02(Thu) 22:13 | URL  | とのチーママ #-[ 編集]
ありがとうございます
本当に、いつも犠牲になるのは弱い者
強くて、知恵のあるはずの人間は
知恵を手に入れた代わりに、失ってしまったものがあるのです
それは決してなくしてはいけないものなのに

心ある人がこんなにも居ることが心強いです
一人ではできないことも
二人なら三人なら十人なら百人なら・・・・
できないことはないと思います
みんなが少しだけ勇気を出して
こんな事件が無くなるように・・・
2014/10/02(Thu) 22:44 | URL  | 会員O #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック