岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2015年01月24日 (土) | 編集 |
こんにちは。

先日は、ありがとうございました。
まさに半年振りの帰還で今も信じられません。

帰宅した当日トラしゃんは、玄関や窓に行っては
外に向かって鳴きつづけ、
トラしゃんがいなくなってから、我が家の家族になったミルクンには
唸って威嚇しまくり、ただただ落ち着かない様子でしたが
不思議と私たちには心を許しており、顔を撫でても嫌がらず
ベッドに寝たり、擦り寄ってきたりはしてくれました。

でも、ご飯を全く食べてくれず
ただふてくされたような顔で眠るだけで心配しましたが
日曜日の夜から急に落ち着きを取り戻して、
部屋のあちこちに自分のにおいを付け
夜は私の腕の中で甘えて眠り、ご飯ももりもり食べてくれるようになりました。
匂いを付ける場所や独特な引き戸の開け方
失踪前と変わらない定位置に座るなど
「トラしゃんだ!トラしゃんだ!トラしゃんだ!」と確信し、
喜びを噛み締めております。

どんな経緯で、あんな遠くまで行ってしまったかわかりませんが
もし生きていても会えなかった可能性は充分にあり、
またこうして会えた事は本当に奇跡で
救う会様、保護してくださったIさん、関わってくださった皆様には
どれだけ感謝しても、し尽くせません。
本当に本当にありがとうございました。

1つ気がかりなのは
ミルクンの存在がトラしゃんにはストレスなようで
ミルクンはトラしゃんの後を追いかけ、においをかいでは
遊んで欲しそうに近寄るのですが、
トラしゃんは怒って唸り、威嚇するばかりで寄せ付けません。
以前は、唸る事も怒る事も全くなかったトラしゃんですが
保護してくださった施設に辿り着くまでには
過酷な野良生活をしていたのでしょう。
野良猫ちゃんとケンカになった事もあったのかもしれません。

怒られても怒られてもトラしゃんの後をつけてにおいを嗅ぎ
一緒に遊びたそうにしているミルクンがいじらしいです。(^^;)
ゆっくり気長に待てば仲良くなってくれるでしょうか?

とりあえず、現在のトラしゃんの写真です。見て下さい。
1枚目は安心して眠るトラしゃん。
2枚目はトラしゃんの動向が気になって仕方のないミルクン
3枚目は昨夜、微妙に距離を取りながらご飯を食べてくれるようになったトラしゃんとミルクンです。
最後は、野良道を経て、ちょっと精悍な顔つきになったトラしゃん(^^;)


長々と失礼しました。
本当にありがとうございました。
~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~
トラしゃんは迷子になった時、何を思ったでしょう

きっと、大好きなおかあしゃんを探したことでしょう
何処にもいない・・・
鳴かないトラしゃんが鳴いて鳴いて・・・
おかあしゃんを呼んだでしょう
自分がどこにいるのかもわからない
そんな時
トラしゃんはおかあしゃんに捨てられてしまったと思ったかもしれない

怖い人間が居たかもしれない
意地悪な猫が居たかもしれない
車がびゅんびゅん走っていて、危うい事があったかもしれない
Iさんに保護された時は、ガリガリに痩せていたと聞いています
お腹が空いてたまらなかったでしょうね

だから、少しだけトラしゃんに時間を下さい
すぐに思い出し
あれぇ ここ知ってる
あれぇ ここあたしんち
おかあしゃん
おとうしゃん
・・・・・・・あんた だれ?
新しい家族ミルクンだよ
 
 追記:GHCR会員O


里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
感動しています
  私が岐阜猫さんに出会う前のことを知り感動しています。 
 
トラしゃんと我が家のすずがダブります。 保護して下さった方のところに来るまでどんな思いをしていただろう こんなに可愛い猫を本当に捨ててしまったのだろうか、  しる術もなくただ すずが元気で懐いてくれることにしみじみ幸せをかみしめています 
    
   ただ 先住猫ともう少し仲良くしてくれたらと それだけが望みです  血をみる激しいケンカも度々です
   
    トラしゃんとミルくんのような微笑ましいツーショット
の写真  いつか送りたいものです 
2016/07/21(Thu) 19:18 | URL  | onlycats #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
我が家も2にゃんショットなんて1年に1回撮れるかどうかです(^^ゞ。
血みどろまではいきませんが、毎日ケンカばっかしだし・・・( ̄□ ̄#)。
でも、我が家のように飼われていた猫が突然迷子になってしまったり、
悲しい事に捨てられるような事になったら、やっぱり野良猫として生きていくのは本当に本当に大変だと思います。
ウチは迷子になってから1週間ほど経った頃、飢えが心配で、
トラしゃんの写真に毎朝毎晩、お水とご飯を供えていました。
(きっと届くと信じながら)
『死んだみたいじゃんか!!』って旦那には叱られてましたけど、
お供え辞める事できませんでした。 

すずちゃんとっても可愛いですね。
優しいご家族と出会えて本当に良かったです。
1匹でも悲しい寂しい猫さんがいなくなる事、心から祈っています。
2016/07/22(Fri) 16:39 | URL  | 小林 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック