岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2015年04月22日 (水) | 編集 |


26年1月~27年3月 収支決算書 ←クリックしてください。


             【 御 礼 】

26年4月から27年3月迄の決算報告をさせていただきました。

皆様には、平素からご支援していただいておりますことを、厚くお礼申し上げます。

近辺はもとより遠くは北海道や岩手、茨城、関西等、多方面からのご寄付ご寄贈を賜り、また匿名の方からの過分なお心遣いなど、本当に有り難く、私共の活動は、多くの皆様の善意と応援で支えていただいております。

お陰様で236匹の猫と26頭の犬を、新しい門出へ送り出すことができました。

また、成猫につきましては家猫修行を卒業し、基本的な検診や処置、検査等条件をクリアした後、ネコリパブリックさんにお世話になり、多くの子たちが幸せの譲渡に至りました。

私共にも最近までは仔猫一辺倒だった傾向が、大人猫へも里親希望が増えてきております。

動物先進国では成猫の引き取りが非常に多く、「国の倫理の成熟度はペットへの対応で分かる」と偉大な先人の言葉にもありますが、皆さんのペットへの意識が、より良い方向に変革しつつあることが実感できます。

過酷な環境を懸命に生き抜いてきた、決して幸せではなかったであろう大人猫にも、一筋の光が見えてきました。

この一年間たくさんの保護ねこと関わり、不眠不休のお世話の甲斐もなく虹の彼方に見送った子達、入院治療や手術で一命をとりとめた子達、そしてほんの少しの時間差で救えた命、救えなかった命等、厳しい運命の別れ道に安堵の涙と悲しみの涙が、交錯した日常でもありました。

そんな過程を経ながら、手塩にかけて育てた子達を、温かいご家庭へ送り出した際の、満ち足りた幸せ感があるからこそ
哀しみや淋しさ、喪失感を埋めてくれ、次のステップへと踏み出せるのだと思います。

少人数の組織で、それぞれがたくさんの先住ねこを抱えながらの活動ですので、救える命はほんの一握りです。

でも、「誰かがやらなければ!」という一念が後押ししております。

皆様に温かく見守っていただきながら、今後も命の重みを啓発しつつ活動を進めて参りたいと思います。

一年間のご支援、ご厚情に心より感謝申し上げ、お礼のご挨拶とさせていただきます。

有り難うございました。

  GHCR 代表I


里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村/a>
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
体力と気力、そしてお金まで出して、つらい境遇にたたされていたニャンコ達を救い続ける皆様に、尊敬の念がたえません。

私も助けていただいているうちの一人。
いつもありがとうございます。
中々ご恩返しができず、申し訳ない限りですが
私なりにできることをこれからも続けて考え、
そして行動していこうと思います。

甘えてばかりの私ですが
これからもよろしくお願いします。
2015/04/23(Thu) 19:54 | URL  | まめ蔵 #Dl510n0U[ 編集]
まね蔵さんのおっしゃる通りです。
代表様はじめ皆様の活動に頭が下がるばかりです。
私は助けていただくばかりで申し訳ありません。
保護猫1匹で汲々としております(*_*;

でもこの子のおかげで学ぶこと、考えることが多かったです。
助けていただいて本当にありがとうございました。

これからも、自分にできることを逃げずにやっていこうと思います。
よろしくお願いします。
2015/04/24(Fri) 14:27 | URL  | うーほーみー #5JPKK.Yc[ 編集]
ありがとうございます
コメント有り難うございました。
出産ラッシュが始まったこの時期、当会にはそれに関したご相談メールや電話が殺到します。
多いときは一日に5件受けることも。
そのほとんどが、避妊手術を怠った為に生まれてしまったケースです。
会員だけでは対処に限界があります。
でも皆さん、私共のアドバイスに耳を傾け、ご自分の責任として、命と真剣に向き合って下さっています。

まめ蔵さん、うーほーみーさんも、身勝手な人が棄てた猫さんを保護され、本当に大切に慈しみ、精一杯お世話をしておられます。

命を命とも思わず、邪魔者を排除しようとする風潮が、私の周辺をみてもまかり通っています。
そんな中、尊い命を護ろうとして下さっている
みなさんの様な方も大勢いらっしゃることが、どんなに嬉しく力強いことか。

いたいけな小さな命に対して、慈悲の心が溢れ出るのは特別なことでもなく、人が本来生まれ持つ自然の感情ですよね。
多くの人が、優しさに目覚めて欲しいですね。
2015/04/25(Sat) 21:34 | URL  | 代表I #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック