岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2015年07月04日 (土) | 編集 |
春先から間断なく続いている猫の出産ラッシュ。
繁忙期とはいえこれに関わる多忙さは尋常ではありません。
当会には収容施設があると錯覚されるほどの多数の乳飲み子を含む保護猫の預かり
それこそ睡眠時間を削りながらのお世話です。
玄関や応接間、お座敷等を、猫ちゃんの為に提供し
四苦八苦しているのが現状です。

行政に相談を持ちかけても
適切なアドバイスも親身な回答も返ってこないため
一足とびに当会へ様々な事案が持ち込まれます。
圧倒的に多い案件は
餌やりをしていたら子供が生まれてしまったが
保健所へは持っていきたくない。

11匹 20150704223641

某保健所へ問い合わせると
引き取った七割は処分し、乳飲み子は即処分対象であるという極めて生存率が低いのが現実です。
私は30年前から猫を飼っていますが
オスメスにかかわらず施術は私の中ではごく当たり前の行為でした。
給餌すれば子供が生まれるのは自然の摂理です。
気付かなかった!
迂闊だった!
無知だった!
と皆さん異口同音に仰いますがこの情報豊富な世の中で何故?
と首をかしげざるを得ません。
責任を伴わない餌やりは
結果的に命を軽んでいるとしか言えません。
お腹を空かしているから可哀想だと
慈悲の心で始めた給餌が
施術を怠れば何倍もの不幸な命を殖やすことになります。
11匹 20150704223815

当会が5月に保護した生後2ヶ月の11匹の仔猫は
母と昨年の秋生まれた8ヶ月の娘2匹の計3匹が生んだ仔猫たちです。
保護する以前に既に仔猫四匹は亡くなっていました。
近隣住民の末施術のままの無責任な餌やりと
その仔猫たちのお父さんであろうオス猫は
飼い主が去勢手術も施さず放し飼いにしていた結果、15匹の命が誕生したのです。

11匹 20150704223739
飼い主には去勢手術を強く求め約束させ
三匹の母猫は手術を終えTNRをしました。

多くの寄せられる相談に対して
経験の中からアドバイスさせていただいておりますが
救いは相談者さんが当会の助言に対して
謙虚に耳を傾け直ぐに行動に移してくださる方が多いことです。
殖やしてしまった命に対して責任を感じておられるからこそです。

5月に2匹の親から生まれた八匹の仔猫の里親さん探しの依頼を同時期に二件(計16匹の仔猫)受けました。
二件とも親子ともにケージで一ヶ月間飼っていただき
谷 DSC_0505

人馴れさせた仔猫たちの殆んどは、里親さんの元で幸せな新生活を送っています。
それぞれの親ねこは避妊手術を済ませ無用な連鎖は絶ちきることができました。
貴重な体験をなさった皆さんが、給餌と避妊去勢手術はセットで
という認識を多くの方々に啓発していっていただきたいと願っています。

実践を通して発する言葉はより重みがあり人の心に響きますから・・・

 GHCR代表I


里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村/a>
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック