FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
2016年03月23日 (水) | 編集 |
誰にだって忘れられない猫ちゃんが1匹や2匹はいますよね
どの仔もみんな、忘れることなどないけれど
それでも・・・・

今回記事を書いて下さったonlycatsさまもその一人です。
猫ちゃんの写真が掲載された里親様のお便りを
里親募集と勘違いされたことから始まったご縁です。
一歩前に踏み出すために・・・
 ~~数日にかけて掲載させて頂きます。~~


こんにちは

私は 先日愛する猫を亡くし途方にくれているものです
皆さまに聞いて頂きたく 投稿させて頂きます
少し、長くなりますが良かったらお付き合いください

16年前・・・
猫が子どもを生む度に
貰い手がなかったら川に沈める
ということを繰り返しているという人から
人を介して二匹の子猫をもらい受けました

その子たちを助けるというより
当時、たった2年で逝ってしまった猫がおり
自分が助けてもらいたかった
という方が正しかったと思います。

それが 「大地」と「海」でした
記事➀写真 2013020113470000

「大地」は
母猫のおっぱいに群がる兄弟の中にどうしても入れず
右往左往している様子がたまらなくいとおしく
すぐその日に連れて帰りました。

その1週間後
どうしても引き取り手のいない子がいるのでもらってくれないかというのです。
私は戸惑いました
もともと一匹しか 飼うつもりはなく
女の子は飼った経験がなかったので
ちゃんと可愛がってやれるかしら・・・
という不安があったのです。

でも、奥さんは
「このままだとまた主人が川に沈めてしまう」
と泣きそうな声でいうのです

先日、大地を貰い受けた時ご主人が
「川に沈めると、あっという間に死んじゃうんだ」
とこともなげに言っていたことを思いだし、引き取る決心をしました。
奥さんも毎回毎回、ご主人が生まれたばかりの子猫を川に連れて行くのを
辛い思いで見ていたのでしょうか?

「海」と名付けたその子が来た時の
大地の喜びようは今でも目に浮かびます
眠くてしかたない海に身体をすりよせ
何度も何度も舐めるのです

 各務原市 onlycatsさま



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック