FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2019年07月29日 (月) | 編集 |
またまた、やって来たちびちゃん
体重100gと70g

目が開いたばかりの
生後10日前後であろう
2匹の女の仔

IMG_9637.jpg

老人施設の玄関に
箱の中に入れられ
遺棄されていたそうです

2匹とも身体は冷たく
早速お湯で温めマッサージしましたが
70gの三毛猫ちゃんは
よくぞ生きていてくれた
と思うほど小さくて痩せています

IMG_9631.jpg

4日経った今でも
おしっこや便の排泄はあるものの
ミルクの飲みは芳しくなく

体重も一向に増えず
予断は許しません

幸いもう一匹の仔は
鳴き声も大きく
今のところ順調に成育しているようです

いつも
消え入るような小さな命に対峙し
繋がる命
そして絶ち切れてしまう命
を見送る度に

一体ご寿命とは?
と考えてしまいます

人の善意を当てにした
今回の様な卑怯な行為を
平気でやれる人には
一つ一つの命に
真摯に向き合い

悩み苦しみながら
育てる想いは
分からないでしょうね

こんな人が
人の親であったなら

我が子に命の尊さ
大切さを
どうやって教えるのでしょう!

人間だけが頼りの
物言えぬ仔たちに
少しの優しさが欲しいですね

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


2019年07月19日 (金) | 編集 |
7月に入ってすぐ
隣り町の老婦人から人を介して相談がありました

「通ってくる猫に餌をあげていたら
子供か4匹うまれてしまった。
どのように対処したらよいか」
というもの

4兄弟 IMG_9327
(体重60~70グラムの生まれたばかりの4兄弟の赤ちゃん猫)

4兄弟 IMG_9316
(へその緒が付いた4兄弟) 既に1匹は亡くなっていた

思わずまたか!とため息

孝一郎・わたる IMG_9197
(乳飲み子から預かり育てた兄弟)

今年に入って
類似した事案が何十件あったことか!!

4兄弟 IMG_9300

その度に駆け付け
時には親子ともに引き取り
飼育をしながらの里親募集です

しまじろうと松子IMG_9030
(多頭飼育の家から保護したしまじろうと松子ちやん)

身体が幾つあっても足りません

かんな IMG_9165
(商店街で保護された4匹の子猫のママかんなちゃん)

給餌していたら当然起こりうる自然の摂理

予測できないのでしょうか?

認識の甘さに
一体いつまでこんな相談が続くのかと
絶望的になります

対応出来る人員は限られています

実際、我が家には
一時6匹の乳飲み子を含め
総勢17匹の仔猫がいました

短い生涯を見送る辛さ・・・
里親さんの元へ送り出せた喜び・・・

短期間に悲喜こもごもの現実に
向き合わざるを得ません

なつめ・くるみ IMG_9199
(病院の駐車場に段ボール箱に入れられ棄てられていた姉妹)

餌を与えたなら
覚悟を決め
人に頼らず
自己責任を完結してほしい

餌を与えたなら
その優しい気持ちを
より強い愛護の気持ちに
進化してほしい

躊躇せず
避妊手術を施してほしい

最初の避妊手術代を惜しんだために
手に負えないほどに
殖やしてしまった現場に
何度も遭遇していると

声を大にして
叫ばずにはいられません

死ぬためにだけ生まれてきた短い命

人に迫害され続け
一度も幸せを感じることなく
儚く消えていく命

不幸な命の誕生は
少しの知恵と
勇気と
優しさで
防ぐことが出来るのです

そして
処分数が減ったと
実績を強調する行政に
まず第一に相談し
現場の実態を知らせてほしいと願います

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


2019年05月20日 (月) | 編集 |
平成も終盤にかかった
4月8日からお預かりしていた
テトちゃんとポッキーちゃん

元気を取り戻し
令和元年初日の5月1日
猫リパさんへ無事お返しすることができました

テトちゃんは
日頃お世話になっている動物病院へ
餌やりをしていた近隣の住人から
地域猫として避妊手術後は
元に戻す予定で持ち込まれました

IMG_8757.jpg

しかし、術後
あまりにも人馴れているため
戻すより里親さん探しをとの先生のご判断の下
当会に依頼があり
猫リパさんに受け入れをお願いした次第です

ポッキーちゃんはお聞きした状況から
恐らく店頭に棄てられたのでしょう

IMG_8749.jpg

まだ避妊手術も済ませていない
6~7ヶ月の小柄な女の仔です

IMG_8761.jpg

お店にデビュー前の不安定な時期を
体調管理も含めお預かりすることにしました

風邪の治療を受けていた二匹ですが
大事をとり
テトちゃんは預かった翌日入院させました

幸いポッキーちゃんは
皮下点滴と強制給餌で何とか快方に向かい

テトちゃんも退院後は徐々に回復し
見違えるほど元気になりました

ポッキーちゃんはねこを被っていたのか
当初は隠れたりしておとなしい印象でしたが
一転
家中走り回り
テトちゃんにもちょっかいをかけたり
お転婆さん振りを見せてくれました

反面テトちゃんは
とにかく人間大好きで
すぐに膝に乗ってきて
甘えたいばかりの静かな女の子です

あのまま元に戻していたら
短い生涯を終えていたでしょう

IMG_8766.jpg

全部の命を救うことは難しいですが
こうして元気になった
姿をみることができ
繋がった命に感謝です

IMG_8767.jpg

晴れてお店にデビューした
テトちゃん、ボッキーちゃんに
幸あれと祈ります

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


2019年04月05日 (金) | 編集 |
前回までの参照はこちら 

      殿君の運命(前編)
      殿君の運命(後編)

まだ殿くんの病に気付く前

京都のFさんに
殿くんをご紹介させていただいていました

とても気に入っていただけ
会いに来てくださるお約束をした日の直前に
体調を崩して入院となってしまいました

このご縁の成就は難しいのでは?
と半ば諦めていました

それでも・・・
いつもメールで遠慮がちに
ずっと殿くんの病状を気に掛けて下さり

有り難くてどれだけ励みになったことか

遠い地から
まだ見ぬ殿くんをお心砕いて
心配して下さる方がみえるなんて
本当に殿くんは幸せ者です

絶望的になっていた気持ちを
奮い立たせる原動力になったのは

きっとこんな温かく
お優しいお気持ちが
届いていたんと思います

まだ完治とまでは言い切れない時期でしたが

ぜひ、殿くんを迎え入れたい
とのお言葉をいただき

先生も
「一匹で大切に飼っていただいた方が
安心かもしれないね」
との見解で
簡単な病状経過の説明書を書いて下さいました

当日、ご夫婦で会いに来ていただいた際
小学5年生の娘さんが手作りされた
可愛いメッセージカードも添えて下さり
どれだけ待ち望んでいただいていたかがよくわかりました

門出_8639

門出_8641

物静かでお優しさが溢れ出ている
そんな素敵なご夫婦です

先住猫さんも
重篤な病気だったそうで
何年もお世話されたご経験がおありとのこと

安心して殿くんの将来を
お願いすることにしました

3月6日
殿くんの幸せな門出を
何の憂いもなく
心穏やかに見送ることが出来ました

門出_8520

殿くんとは
短かかったけれど
とても濃密な時間を一緒に過ごせたこと
本当に幸せでした。ありがとう!!

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


2019年03月29日 (金) | 編集 |
黄疸で耳や目は真っ黄色
そんな重篤な病気との闘いが
殿くんと二人三脚で始まりました

IMG_8374_20190328172340730.jpg
 絶不調の頃の殿くん

処方していただいた飲み薬や
朝晩の皮下点滴
強制給餌
他良いと思われることは何でもやりました

IMG_8181_2019032817233864b.jpg
 目に生気が感じられません

無理に食べさせられることに
必死に抵抗する仔に
悪戦苦闘しながら

1日4回の
シリンジやスプーンでの給餌は
まるで虐待か拷問です

幸いチュールは
自分から食べてくれるようになりました

そして、8日目
試しに置いていたカリカリを
「カリッカリッ」
と音を立てて初めて食べてくれました

IMG_8420_2019032817234155f.jpg

元々野良生活が長かったこともあり
警戒心が強く
とても臆病な仔ですので

人や他の猫の気配を察すると
見えるところでは食べない仔が
初めて見せてくれた姿でした

うれしくて、うれしくて
感激で思わず写真を撮りました

IMG_8422_2019032817234309f.jpg
 お皿に顔を突っ込んで食べています

心なしか黄疸の黄ばみも
薄くなっているような気がします

退院してから10日目の受診
血液検査の結果は正常に戻り
体重も100グラム増えていました

あんなに黄ばみがかっていた耳にも
赤みがさしています

IMG_8517.jpg
 耳もピンクに染まり目力も出てきました

先生も満面の笑みで喜んで下さいました

しかし・・・
「過去に同様な病状の成猫が
助かったことがあるけれど
病気の原因は分からない」と

こんな幸せな結果を迎えられたことはやはり
1週間の入院治療があったからこそで
殿くんの若い生命力に
相乗効果となって
持続していたんだと思います

無上の喜びを感じると同時に
役場から依頼され預かった
ちびちゃんを切なく想います

参照記事はこちら → 別れ

儚く散ってしまった死の現実
厳しさをも受け止めています

 GHCR 代表I



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村