FC2ブログ
猫の殺処分が0になるよう活動しています。
2014年06月01日 (日) | 編集 |
先日の夜、母と公園を歩いていました。
入口の所で車のドアがバンッと閉まる音が聞こえたので、たまたまふっと目をやると、
車のドアの辺りから、白っぽい猫が2匹が飛び出してきたのを発見し、その瞬間に車は走り去りました。

(もしかしたら捨てられたの?)と思い走り寄りました。
母が「どうしたの?」と聞いてきたので「捨てられたみたいだよ!」と言うと、
「こんな知らない所でどうやって食べていくの?かわいそうに!保護しなきゃ!」と母が言ったので
私と母でどこへも行かずその場ですくんでいる猫を1匹ずつ抱き上げました。
(抱けるってことは、飼い猫?)と思いました。

猫は1歳すぎているくらいの大きさで、腕の中で震えていました。
携帯で弟にキャリーケースを持ってきてもらうように連絡し、
私と母で街灯がかすかに届く薄暗い場所で地べたにしゃがみこんで、
私は母に、「噛まれてもひっかかれても絶対に逃がさないでね。逃がしたらこの猫たち食べていけないから。」

やがて弟が来て、無事猫を保護することができました。
2匹はとても人に慣れた猫だと分かりました。
どんな理由があっても、動物を捨てることは絶対許せません。
飼うのなら責任を持って終生かわいがって欲しいです。

保護されたジャムくん。
ジャム①
クッキーくん。里親さん募集中です。
クッキー①

GHCR 会員 K



里親さん希望の方の連絡先
gifuhappycatsrights@gmail.com

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト