FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2020年12月18日 (金) | 編集 |
YAHOO!ニュース で見つけたこの記事
人ごとではない!と
漠然と考えていた事だけれど
準備周到、これは誰のためでもない
愛する猫の為
私は大丈夫だろうか、と
改めて考えさせられました

飼い主が亡くなり
残された家族(動物たち)の
悲しい末路
そんな記事も沢山目にします

皆さんちゃんと
対策していますか?

【記事から 抜粋】
山手線内で意識を失い
心肺停止状態で救急搬送された私

家で留守番をしてくれている
猫達のことが常に気にかかり
一刻も早く退院したかったのです


入院中、猫3匹のシッターを
友人達が入れ替わり立ち替わり務めてくれました

猫を飼う以上
「もしも」の場合に備えて
信頼できるペットシッターさんと
つながっていましたが

突然のしかも繁忙期に
長期のスケジュールを押さえることは
不可能に近いです……

そういう状況を想定し
私は一人暮らしの
猫飼い友人達と
以前から『互助会』を結成していました

出張や旅行の際の
猫のお世話はもちろん

何かあれば「お互いさま」と
合鍵を預け助け合う
信頼できるグループ

これが今回は本当に助けになりました

遠くの親戚より近くの友人です

※ 猫の信頼を取り戻すこと

ついに満を持しての帰宅

久しぶりの飼い主の帰宅を
ニャンズはさぞやお待ちかね
と思ったのですが

記事1

玄関でまさかの
はじめまして顔!
「どちらさまですか?」って(泣)

しかも互助会のみなさんの
手厚いケアと
ビュッフェスタイルの
カリカリの食べ放題で

心なしか
いや間違いなく
ふっくらされておられました

長い不在への怒りから
最初はなかなか
目も合わせてくれませんでしたが

謝り倒して
徐々に怒りが収まりました

不甲斐無い飼い主ですいません

改めて心身のケアを
させていただいております

まずは、自分が健康でいなければと
反省しつつ
モフモフ満喫の日常を
取り戻しております

記事

注:もちろんこの方は
お世話になった方へのお礼も感謝も
しっかりされています

 GHCR O



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
これは切実な問題
私たちに何かあったときのために。
どちらかが病気になるのはともかく、万が一
2人一緒に事故に遭ったら…?
猫たちは・・・

私たち夫婦には子供がいません。
結果、信頼できる動物好きの姪にしっかりお願いしておきました。
通帳と印鑑の在処と共に。
2020/12/18(Fri) 23:57 | URL  | 小林 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック