FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015年01月30日 (金) | 編集 |
昨年7月、とらしゃんの飼い主Kさんから
当会に迷子猫の相談メールが入りました。

トラしゃん20140710172346245[1]

早速、その夜Kさんのお住まいのアパートをお訪ねし
周辺を一緒に探しました。
根気よく探せば見つけ出せそうな
隠れ場所にはもってこいの建物が数多く点在していました。

脱走したベランダに「どうぞ掛かって」
と祈る思いで捕獲器を設置してアパートを後にしました。

翌朝Kさんから「近所で見かけたことのある女の子が掛かっている」
との電話が入りました。
その子に餌をあげていたおじさんの了解を得て
避妊手術を施し、術後は元の場所に戻しました。

過去に何度も出産を繰り返していたであろう母猫。
そのまま放置していたら、望まれない何十匹ものたくさんの命が
生まれては消えていったことでしょう!
そんな連鎖を絶ちきることがとらしゃんを介して出来ました。

その後、別の猫ばかり何度も掛かり
捕獲器の存在が却って恐怖心を与えてしまう
可能性があるので撤去しました。
今から思うと
もうその頃には、とらしゃんは遠くにいたのかもしれません。

お邪魔した際、捜索中に保護された
小さな仔猫がケージの中にいました。
一つの命に関わったことによって他の命の救済が
そして全く無縁だった人と人の架け橋も築けました。
トラ(ミルクン)DSCN0802

今まで見えなかったことが見えたり
たくさんの新しい発見があったり
世の中に無駄なことなど一つも無く
みんな意味のあることだということを
何気ない平凡な日常が幸せなんだということを
tora miruDSCN0816
とらしゃんのお陰で今更ながら
私達もたくさんのことを教えられ気付かされました。
そんな気付きや学びが素直に日常に生かされれば
心穏やかに幸せになれ
幸福感が違ってくるでしょうね。。。

 GHCR代表I


里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
GHCR代表I様
私共夫婦は三重県三重郡朝日町に住んでいます。(67才)
別の掲示板でK様が半年を経てねこさんに再会できたことを知り、私共も我が家のねこが11月24日に50日ぶりに女子高校生の方に保護頂いたことから、K様に半年間の経緯を教えていただきたく連絡をさせて頂きました。
そこで、このブログを紹介いただき、読んで感動の涙が止まりませんでした。
私共は、捜索の間に本当に多くの心温かい方々にめぐり合い、感謝の気持ちでいっぱいでK様も同じだと思っています。
GHCR様は、地域ねこさんの育成活動をされていると拝察
しありがたい気持ちでいっぱいです。
今後も益々のご活動を願っています。
ありがとうございます。
ほかのねこさんたちも幸せになりますように。
ジロウ。
2015/01/31(Sat) 19:45 | URL  | ジロー #-[ 編集]
ジロウさま
お心温まるコメントありがとうございます。
ある日、ペットが忽然と居なくなったなんてことは
世間では日常茶飯事起きていることでしょう。
でも、また再び逢えることは稀なことですから奇跡なんですね。
私も過去に同様な経験をしておりますが
捜索中、大勢の皆さんのお力添えがどれだけ有り難かったことか。
萎えそうな気持ちを奮い立たせてくれました。
奇跡の対面は言葉では言い尽くせぬ感動でした。
私共の活動も、ジロウさまご夫婦のように
ペットは家族の一員という思いで
深い愛情をもって飼っていただくことを啓発しております。
その意識が高ければ遺棄や虐待等
動物が不幸になることなど起こりません。
地域猫活動も必要ないことになります。
そんな日が来ることが願いであり希望です。
物言えぬ罪のない動物たちが一匹でも多く幸せになれます様に
今後も尽力して参りたいと願っております。
動物は人間だけが頼りですから。
2015/02/02(Mon) 10:04 | URL  | 代表I #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック