FC2ブログ
岐阜県 西濃地域で捨てられた猫の里親探しや、野良猫のTNR活動をし、地域猫として育てていく活動をしている団体です。 猫の殺処分がゼロになるよう活動しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2016年04月01日 (金) | 編集 |
私たちの受けるべく難を、3人は代わりに受けて逝ったのだろうか?
私たちの業が深くて大地や空があんなに苦しんだのだろうか?

虹の橋で揃って待っててくれるために逝ってしまったのかな
それならそれでいいかな
などとぼんやり考えていた時に
空に会えた気がしたのが
この「岐阜ねこを救う会」のブログでした。

里親様のお便りの中の愛猫だったのに勘違いしてしまい
すがりつく思いで連絡をしてしまいました
NEC_0108.jpg

《・・・トライアルは出来ますか?》

思わず事情を聞いて頂き
優しいお言葉を頂き甘えてしまいました

貴重な場所に長々とつたない文を続けてしまい
申し訳ありませんでした
読んでくださった方に感謝します
会のOさまにも辛抱強くお付き合い頂き感謝です

まだあちこちに3匹の名残が残っています
叶うものならまた4匹揃ったところが見たい!!
⑩ 2009123113400000
とついくじけそうになりますが、
思いのたけを吐き出させて頂いたので
前に進むことができると思います。

今、1匹になってしまった太陽が私たちの支えです
あの時、貰い手が見つからなくて良かった。
としみじみ思っています
⑩ 2016021521510001 ⑩ 2015120322170000

気のせいか、あどけない太陽もいきなりひとりぼっちになって寂しそうです
⑩ 2016032214370000 ⑩ 2015120322140000

もしかしたら、私たちより悲しいのは太陽かもしれません
この仔に兄弟を作ってやるべきなのかもしれないと思っていますが
主人はもうこれ以上飼わないと言ってます

あまりに辛すぎる経験をしてしまいました
⑩ P1000054

私も今はちょっと怖い気がします。
でもいつかきっとまた・・・
NEC_0140.jpg

不思議なことに最近太陽は
独り占めできるはずの主人の膝ではなく、何故か私の膝に座るのです
記事④ DCIM0127

愛すべきは猫
いきとしいけるもののなかでこんなにもいとおしい生き物は他にいないと
私は思っています

猫ブームと言われるこの頃ですが
やっと猫さんの良さがわかる人が増えてきたのでしょうか

ただ、この会の目標にしてみえる殺処分(イヤな言葉です)0も広まるようにしたいものです

私も何かできることからやりたいと思っています。
本当にありがとうございました

  -完ー

 各務原市 onlycatsさま



里親さん希望の方の連絡先
里親希望はこちら

Gifu Happy Cats Rights 岐阜ねこを救う会 ホームページに戻る
http://www.gifuhappycats.com/


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっと応援ボタンを押してください。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
辛い思いをされたのですね。

10年過ぎたら、猫は人でいう還暦を迎えるくらいかな?
人も病気になってお別れの時がくる事が多くなってきます。

どうしても、この世でのお別れはハッピーエンドではなくて、
どんなに愛しても、尽くしても、老衰であっても、
後悔はするって聞いた事があります。
でも、その前の楽しく過ごした時間がたくさんあったはずで、
悲しみで覆われてしまっては、寂しいです。

非も業もあるわけ無いです。
あるのは、「流そうとしたご主人」で、
正直、「流そうとしたご主人」に その時がきたら、
三途の川で溺れ、流され続ければいいのにと思う。

あ、ネット用語(?)に
NNN (ねこねこネットワーク) ってあるんですよ。
うまく説明できないですけど、
onlycats様でないといけなかった・いけない ご縁が
ある気がします。
私にもあると信じてます (* ´艸`)
2016/04/03(Sun) 11:04 | URL  | 胡春 母 #-[ 編集]
人間も猫も、最後は何かで天国に行かなくてはなりません。
いい人だったからと言って、愛された人だったからと言って安楽な最期をいただけるとは限りませんね。猫だってそうです。
でも、必ずいただいた最期を引き受けて、天国に行くんです。大切なのは、猫たちの苦しい最期を、一緒に引き受けて寄り添ってくれた飼い主さんの温かい存在のあったことです。onlycats様、辛かったですね、苦しかったですね。いっぱいいっぱい考えて、迷って、心が安らぐ暇がなかったことと思います。非も業もあるはずありません(まねしてすみません)。
NNNいいですね。私にもきっとあります。onlycats様にもあるでしょう。それまで太陽ちゃんと心穏やかにお過ごしくださいね。
2016/04/05(Tue) 16:00 | URL  | うーほーみー #5JPKK.Yc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック